雨 スーツの裾の濡れ対策、靴と靴下も防水仕様で快適

雨の日の通勤は嫌なもの。特に傘をさしても濡れてしまうのが裾と靴ですよね。梅雨の時期は通勤が憂鬱・・・。

しかし山屋の私は、雨対策は専門です。高山で雨風に打たれれば冗談抜きで命にかかわるので、常に完璧な雨対策をして山へ向かいます。

その山の雨対策を街でも利用して、雨の日も快適に通勤する方法を紹介しましょう。

雨 スーツの裾の濡れ対策

傘をさしていても、どうしても濡れたり泥はねで汚れたりしてしまうのが、ズボンのスソ。かといってスーツ姿でレインウェアは珍妙だし、濡れ防止カバーでもちょっと恥ずかしい・・・。

こんな場合のお勧めは、スーツのズボンの裾に衣類用の防水スプレーをかけること。そうすると雨をしっかり弾いてくれるので、不快な濡れに非常に効果的です。

ドラックストアなどで売っている衣類用防水スプレーは、フッ素系・シリコン系の2種類に分けられますが、フッ素系は防汚性や通気性に優れるが落ちやすく(2~3回濡れれば効果はかなり消えます)、シリコン系は通気性を妨げるが防水効果が長持ちするという特徴があります。

で、私の場合はひざ下だけ防水仕様にするので、通気性は無視。効果重視でシリコン系を使っています。予報で雨が出ている日は、前夜にすそ周りに防水スプレーをかけて濡れ対策。膝から上はビジネスレインコートと傘で守れば、すそ周りを濡らすこと無く通勤できます。

念のため、色落ちなどしないか、ベルトで隠れる部分など目立たないところに試してから使ってください。

ただし、防水スプレーではゲリラ豪雨や台風レベルの大雨には力不足。大雨対策にはこちらをご覧ください。

雨の日のスーツに合わせて使う防水靴

雨の日はズボンの裾だけでなく、靴周りも濡れに悩まされます。ゴアテックス仕様のビジネスレインシューズは2万円以上するので、欲しいけど予算不足につき却下。

今使っているのは「一見革靴にしか見えない防水靴」です。長靴と同じ塩ビ素材ながら、靴紐はもちろん、ウイングチップやコバ、ステッチまでフェイクでついているという凝りよう(笑)。よく見れば塩ビ製とわかりますが、ぱっと見には普通のビジネスシューズと変わりありませんから、スーツ姿でも全く違和感がありません。

会社には社内用の革靴が置いてあり、通勤時に雨であれば防水靴、晴れであれば通勤用革靴を履き、会社に着いたら履き替えていますから、雨の日も足元は快適です。出勤の時が大雨で夕方晴れて、その日が飲み会とかいう場合もありますし、職場に靴を一足置いてあると非常に便利ですよ。

防水靴は塩ビ素材なのでやはり蒸れますが、そこは通勤や外出時だけと割りきってますから問題なし。何より値段が5000円ほどとコスパがよく、お勧めです。

完全防水・雨に負けないビジネスシューズ 見た目はビジネスシューズ!

雨の日は靴下も濡れ対策

雨の日は靴下にも濡れ対策。撥水加工がしてある登山用の靴下を普段の靴下の下にもう1枚履くと、もし靴に浸水し濡れてしまった場合も、濡れ感が劇的に軽減されます。

元々の素材が汗を素早く透過させる上に、撥水加工の効果で濡れ戻りがないので、肌に汗が残らず、濡れ感もムレ感もなくなります。

ドライレイヤー フラッドラッシュ スキンメッシュ ソックス

これでひざ下の雨対策は完璧。あとはビジネスレインコートと傘でひざ上~上半身を守れば、梅雨の長雨だろうとゲリラ豪雨だろうと、不快な濡れに悩まされることがなくなりますよ。

まとめ

以上、私の雨対策を紹介しましたが、傘+レインコート+裾の防水+防水靴+撥水靴下の5段構えで、梅雨の長雨もなんのそのです。快適に梅雨を乗り切りましょう。

おすすめ記事

コメントを残す




Menu

HOME

TOP