防災頭巾とヘルメット どちらが安全?利点と欠点は・・・

地域によっては、「防災頭巾?なにそれ??」なところもあるようですね。

私は神奈川県の出身ですが、当時の小学校では義務化されていて、各自が椅子の背もたれにかけて、クッションのようにしていました。

3・11以降全国的に防災意識が高まってきていますが、防災頭巾って安全なの?意味なさそう・・・と感じる方も多いよう。

実際のところ、安全性はどうなのか、ヘルメットとの違いは何なのか、見てみましょう。

防災頭巾とヘルメット どちらが安全?

結論から言えば、断然ヘルメットです。

私は趣味で登山をしていますが、にぎりこぶし程度の大きさの落石であっても、頭に直撃すれば命はありません。

私自身、冬の登山でこぶしサイズの落氷が右手を直撃し、親指を骨折したこともあります。

工事現場などに縁がない方にはイメージしずらいかもしれませんが、500グラムの石を3メートルの高さから落とすと、加速度が加わり局所的に数トンの衝撃になります。

ビー玉サイズの石でも、落下してきたものが頭部を直撃すれば、大流血の惨事になるのです。

防災頭巾は中綿で衝撃を吸収しますが、数センチ程度の中綿では落下物の衝撃を十分に緩和できません。

もちろん何もないよりはりかなりマシですから、ないよりは持っていたほうが良いのは確かですが・・・防災頭巾の安全性は実際のところその程度のものです。

防災頭巾とヘルメット それぞれの利点と欠点は

防災頭巾は、落下物から頭を守るという点では十分ではありませんが、利点もあります。

まず、クッションがわりに使えるので身近に携帯しやすい(=いざというときすぐ使える)です。

また、首や肩などヘルメットより幅広い範囲を覆うので、火事の火の粉や軽微な爆風の遮断もできます。

ミッキーなどのかわいい柄のものなら、小さいお子さんへの受けも良いです。

逆にヘルメットは、頭部の保護という点では心強いですが、かさばって携帯性が悪いところが大きな欠点です。

学校で机の横にぶら下げておく・・・のはちょっと無理がありますね。

 

防災頭巾より折りたたみヘルメット

そこで、最近普及し始めてるのが折り畳みヘルメットです。

ヘルメットが折りたためるというのが驚きですが、実際に学校の机の横に下げておけるサイズです。

oritatamihelmet

5000円弱と、防災頭巾に比べるとやや高額ですが、子供の安全を考えたら、やはり高くないのでは?

1回だけのことですし、毎月の携帯代を少し節約してみる価値は十分にあると思います。

大地震ともなれば建物の中では電球、外に出ても割れたガラス・瓦などが降ってきます。

防災頭巾並に携帯性がよく、ヘルメット並に安全性が高い。

これをどう見るか、ですね。

まとめ

安全というのは結局、個人個人の意識の持ち方が決定的に大切です

安全不感症の人もたくさんいますが、自分の身は自分でしか守れませんし、子供の身は親が守るしかありませんよ。

おすすめ記事

コメントを残す




関連記事

雪の靴東京編 濡れないビジネスシューズとすべり止め
雨 スーツの裾の濡れ対策、靴と靴下も防水仕様で快適
東京湾花火大会交通規制エリア 首都高は?一般道は?
自転車 雨の日の傘さしは禁止?手軽な雨具は
口内炎をすぐ治す リステリンが最強!コンビニへGO!
アイスノンを犬用に?成分のエチレングリコールが危ない
結露しないビールグラス ウォールグラスvsステンレスタンブラー
熱中症 小学生でスポーツをする子への対策は食事とグッズで
神宮花火大会2015の交通規制
梅雨対策グッズ ビジネスには耐風性傘とケース、レインカバーを
ゴルフクラブの送り方 1本~数本の場合は?安い業者は?
職人さんへの差し入れ 夏場は何がいい?
熱中症計 お年寄りには大型がおすすめ
梅雨入り後の衛生、キッチン・洗濯物・押し入れをチェック
クリップオンサングラスをバイクで使ってますが、欠点は

Menu

HOME

TOP