長岡まつり花火大会2015 駐車場と交通規制・渋滞情報

2015年の長岡まつり花火大会は、8月2日(日)と3日(月)に行われます。

例年、県外から車や電車で来訪される方も多いですが、参考になるように駐車場や渋滞の情報をまとめました。

長岡まつり花火大会の駐車場

長岡市内の駐車場は非常に込み合う上、花火終了後も渋滞で抜け出すのに非常に時間がかかります。隣の小千谷の駐車場を利用するのもお勧めです。

    下で駐車場情報を紹介しますが、流動的な部分もありますから、必ず事前のチェックもするようにしてください。

長岡市内の駐車場
●午前中に長岡入り可能なら、右岸側の臨時駐車場や駅周辺の民間駐車場に空があるかも。
●越後丘陵公園:駅周辺より車の出し入れが楽。丘陵公園から左岸の観覧席に近いところまでシャトルバスが運行(シャトルバスの乗降場所から右岸の観覧席までは2~3Kmと少々距離がありますが)。県外から車で来る場合は丘陵公園→シャトルバス→左岸で観覧がお勧め。ただし3時以降だと駐車できないかも。
●南長岡操車場跡地:1500台駐車可。場所は、長岡駅前から宮内方面へ線路沿いに約1km。
●東中学校や表町小学校も駐車場として一般開放されたようです。

7月末に駐車場情報が発表されるので、チェックしてください。
http://nagaokamatsuri.com/index.html (公式サイト)

小千谷の駐車場 毎年臨時バスが越後交通からでている(電車よりは時間がかかる)。ただ小千谷駅前に止まるかわからないので事前に調べたほうがいいかも。
●駅前ロータリーの両側に駐車場があり(台数少なめ)
●小千谷駅周辺には有料駐車場はない。
●市内まで行けば有料や駐車する場所も結構ある。小千谷市内から駅までは2kmほど(歩いて20分程度)。
●道の駅ちぢみの里は駐車OK。小千谷駅まではタクシーで。

※電車でまた小千谷まで戻る場合、花火が終わる頃の長岡駅は入場規制があり、1つの入り口からしか入れなくなります。花火が終わってからでは21時台の電車に乗れなくなる可能性があるので、要注意です。

長岡まつり花火大会 交通規制・渋滞や混雑を避けるには

長岡駅や花火大会の会場周辺は大規模な交通規制がしかれます。

交通規制図(http://nagaokamatsuri.com/2014/pdf/oohanabi7.pdf)。

車で行く場合、乗降とも渋滞は必至です

花火大会開始前、関越自動車道・長岡ICは午前11時頃から車が増え始め、14時頃から大混雑します。

花火会場に向かう一般道路も午後5時から午後6時台に渋滞のピークを迎えます。

帰りの車の渋滞は午後8時頃から。最大のピークは花火大会終了後。わずか4.4kmの距離を進むのに、通常6分のところ最大約3時間もかかったというデータもあります。

特に渋滞するのが、長岡IC周辺とそこに向かう道路。早く帰りたい方は、少し遠回りでも長岡ICを使わずに、小千谷ICなどから関越道に乗ることをおすすめします。カーナビは長岡ICを通らないように設定しましょう。

長岡まつり公式サイト:渋滞回避の虎の巻! http://nagaokamatsuri.com/2014/tora.html

裏技としては、北陸自動車道の大積PAから花火を見ること。遠くに小さくですが、長岡の花火を見ることができます。

長岡まつり花火大会 最後まで見るなら宿泊を

最後の三尺玉(例年21時ごろ)は長岡花火名物。正三尺玉に尺玉100発、あの地響きはここでしか聞けないと言っても過言ではありません。

しかし三尺玉を最後まで見てからだと、乗れる電車が22時台になってしまいます。

電車で帰るなら、駅で切符を買い電車に乗るまで30分以上かかる上に、花火が終わる頃の長岡駅は1つの入り口からしか入れません。名物花火のフェニックス(18時15分頃)が上がる前に移動が必要です。

せっかく長岡まで花火を見に来て、フェニックスと尺玉を諦めるのは非常に残念。最後まで花火大会を楽しみたければ長岡周辺で宿泊することがお勧めです。

なお、ホテルに泊まる場合はホテルの方に相談して、あらかじめタクシーを手配しておきましょう。その際に必ず、何時にどこに迎えにきてくれるのか、しっかり確認を。近隣は交通規制もあるし、マイカーなども大変混雑しますから、必ず事前に手配しましょう。

まとめ

長岡まつりは、昭和20年8月1日の長岡空襲から復興するために始まった祭り。それで、8月1日から祭りが始まり、続いて2・3日に花火大会が行われているのです。

戦後70年の今年は、ホノルル市真珠湾での打ち上げも決定しています。

長岡花火はお祭りの花火ではなく、「祈りの花火」。荘厳な美しさは、他の花火大会にはないものがあります。

おすすめ記事

コメントを残す




Menu

HOME

TOP