英検 2級と準2級の違いは?お勧め勉強法

最近の英語重視の教育課程のお陰で、中学生や高校生で英検(実用英語技能検定)を受験する生徒も増えているようです。

高校生が目指す級となると、一般的には準2級か2級です。

準2級以上を持っていると、有利な点がいろいろあります。

英検の2級を持っていると、入学試験や推薦試験など進学に対する優遇措置をとる大学もあり、その数は年々増えています。

しかしその英検2級と準2級、難易度にはどのくらいの違いや差があるのでしょうか。

筆者は英文科卒で英語検定準1級まで持っていますので、経験を踏まえてお勧めの勉強方も紹介しながら解説します。

英検2級と準2級の違い

英検2級と準2級の違いですが、英検協会によると、以下のように定義されています。

2級:高校卒業レベル。日常生活や健康に必要な英語を理解し特に口頭で表現できること

準2級”高校中級レベル。日常に必用な平易な英語を理解し、特に口頭で表現できる

知識面で言えば、難関大学に合格できる高校生であれば、2級合格はさほど難しくはないでしょう。ただし、リスニングや2次の面接口頭試験がネックにはなるかもしれませんね。

中堅以下の大学生であれば、英検2級はかなり心もとない。実際、2級に落ちる大学生もたくさんいます。

誤解を恐れず大雑把な目安で言えば、「進学校で『英語が得意』と思えるレベル」であれば2級は射程範囲、といったところでしょう。

ただ、英検合格のためには、高校での英語の勉強の他に、リスニングの速聴力が必要になります。

英検2級と準2級 お勧めの勉強法

お勧めしたい勉強法は、中学生の英語の教科書を”完璧に”身に付けることです。

中学生?と侮る事なかれ。

中学レベルの英語が”完璧”に使いこなせれば、実は日常会話のほとんどはカバーできるのです。

また、さらにレベルの高い英語学習をするときも大変有効な足がかりになります。

”完璧”の目安は、シャドーイングが完全にできるようになるまでやり込むこと

シャドーイングという学習法のやり方は、ネットでググってもらえば詳しくわかります。

ですから、教科書とCD音声が必ず必要です。手に入らなければ、NHKの基礎英語1からでもOK。

中1の英語教科書でも、全て完全にシャドーイングできる英語力を持っている人は非常に少ないです。

中学1~3年の教科書を完全にシャドーイングできるようになれば、基礎は完璧。そしてこれが、リスニング力も大きく向上させるのです。

あとは目指す級の”できるだけ薄い”総合問題集を、何度も繰り返しながら完全に覚え、模擬問題集で場数を踏めば、2級レベルならほぼ問題はないでしょう。

2次試験の面接は、中学教科書のシャドーイングができていれば難なく乗り切れます。

まとめ

英検の2級と準2級の違いを知るには、実際に本屋で模擬問題集を買ってやってみるのが一番です。

市販物は若干本番試験より難易度が高かったりしますが、違いを知るには手っ取り早いです。まずは自分の英語力を診断してみましょう。

コメントを残す




Menu

HOME

TOP