結露しないビールグラス ウォールグラスvsステンレスタンブラー

ビールが美味しい季節です^^。

bia2

帰宅してシャワー浴びてビール。仕事の疲れも吹き飛ぶ幸せな瞬間ですよね。

アサヒビールの調査では、「7割以上が週2回以上の家飲み派」だそうですが、

家でキンキンに冷えたビールの喉に流し込むのは、一日が終わったとしみじみ感じる、至福の時です。

ただ、缶で飲むにしろビールグラスで飲むにしろ、結露でデーブルが濡れてしまうのは、ちょっと困りもの。

ビールグラスは結露しないものを

普通のビールグラスに冷たいビールを注ぐと、たちまち結露してテーブルを水浸しにしてしまいます。

そこでオススメは、魔法瓶と同じ二重構造のビールグラス。

良い点は、

1.ほとんど結露しない
2.保温力が高いから、飲むピッチが遅くても最後まで冷たいビールが楽しめる。

ということですね。

男性は大きなジョッキでがぶ飲みしたい派も多いですが、ゆっくり味わいながら少しずつ飲みたい女性には、

ウォールグラスと呼ばれる二重構造グラスが、おしゃれでお勧めです。

結露しないビールグラス ウォールグラス

ウォールグラスと呼ばれるグラスは魔法瓶と同じ二重構造なので、グラスの外側に飲み物の熱が伝わらず、結露がほとんどありません。

ワイングラスのような細身のもの、

これでビールを飲んだら美味しそうです^^。

容量大きめの”グラス”型、

グビリと喉に流し込みたいですね。

自分飲みのスタイルに合わせて、選んでみましょう。

ただウォールグラスの欠点は、とにかく壊れやすいということ

軽くぶつけただけ、ちょっと倒しただけですぐに割れてしまいますから、取り扱いには注意が必要です。

『ビールを美味しく頂くための大切な道具』という気持ちで、ていねいに扱いましょう。

また、二重構造なので容量の割には大きいです。

飲みくちが厚めなのも、好みが分かれるかもしれません。

結露しないビールグラス ステンレスタンブラー

ステンレス製の真空断熱タンブラーも、結露しないのでオススメです。

ウォールグラスより容量が大きいので、グビリと一気に行きたい方にいいですね。

ステンレス製なので、倒したりちょっとぶつけたりしたぐらいでは壊れないのも長所。

ウォールグラスではすぐに壊してしまいそうで心配という方は、こちらですね。

また、内側が微妙にざらざらしているので、壁に当てるようにビールを注ぐとクリーミーで滑らかな泡が立ちます

ウォールグラスより飲みくちの厚みが薄めなのも長所。

ガラス製のほうがビールを”目で楽しむ”ことができるので、その点はステンレスタンブラーがやや劣るところですが、機能性ではこちらかもしれませんね。

男性にはビールがたっぷり注げる400サイズ、

女性には一回り小さめの320サイズがよさそうです。

まとめ

結露しないビールグラスは、「ウォールグラス」か「ステンレスタンブラー」。

どちらもビールを美味しく頂くための、手放せない友になること請け合いです。

コメントを残す




Menu

HOME

TOP