浮き輪 大人用のサイズと恥ずかしくないデザイン

海水浴の季節になってきました。

家族でたのしく海で遊ぶ・・・には浮き輪が便利ですよね。

だいたいの場合、子供は海に入りっぱなし。

まさか目を離して勝手に遊ばせておくわけにもいかないので、常にそばいるようにしなければなりませんが、そんなときほしくなるのが大人用の浮き輪。

大人でも使える大きいサイズの浮き輪が販売さてれいますが、どのくらいのサイズを目安にしたらよいでしょうか?

浮き輪 大人が使うにはどのくらいのサイズ?

大人が使う場合、浮き輪のサイズの目安は直径100センチ以上。

100サイズだと浮き輪の内周が130~135センチ程度になるので、大人でも頭から被って着用出来ます。

きついぐらいのサイズの浮き輪だと、万一転覆した際にうまく抜け出せなかったりするので、かえって危険です。自分の体のサイズに合った浮き輪を選ぶようにしましょう

また、海水浴場でないところで泳ぐなら、浮き輪よりライフジャケットのほうがずっと安全です。

ライフジャケットを選ぶ際は、「浮力」に注意。

これには国が国の基準があり、子供は体重の10%程度が目安になります。

例:40kgの子供には 浮力 4kg

この浮力は、ライフジャケットの内側のケアラベルや洗濯ラベルなどに、記載されていますので、しっかり確認しましょう。記載されていないライフジャケットや救命胴衣は、浮くという保障がありませんので危険です。

浮き輪 大人でも恥ずかしくないデザイン

海外で海水浴をすると、実は浮き輪を使っている大人はオンリー日本人だったり・・・。

ドーナツ型の丸い浮き輪は、海外では子供しか使いません。

まあ、日本でもプールで大人が浮き輪は、やっぱりちょっと恥ずかしいですよね・・・。

とはいえ、子供を見るために、ずっと水中で立っていてもなかなかしんどい。

大人用が使っていてもあまり違和感のない浮き輪は、ライフジャケット型!

知恵の輪を浮き輪にしたようなデザインですが、これなら大人が海で使っていても違和感がないのでお勧めです。

舟のように上に乗ったり、ベッドみたいな感じで水の上に寝そべったりもでき、いろいろな遊び方ができ、大人も子供も楽しめます。

浮き輪での海水浴中の事故に注意

毎夏のように海水浴での事故は起こりますが、子供が浮き輪を使っていながら事故にあった例を。

●浮き輪をつけて岩場から海の飛び込んだら、浮き輪がスッポ抜けて溺れた。
●浮き輪に腰掛ける状態で乗っていたら、バランスを崩しひっくり返った。
●波でひっくり返り、頭と足が逆になってしまった。
●いつのまにか海岸から離れ、潮に流されてしまった。

などが代表例です。

また子供を海で遊ばせる上で非常に注意すべきことは、「本当におぼれている人はおぼれているようには見えない、静かに沈んでいく」ということです。

こちらの動画を見てみて下さい。

ライフガードが助けに行くまで、どの子が溺れているのか分かりませんよね?

家族で海水浴へ行く前に、こちらは必読。実際に溺れている子供がどんな状態になるのか、よく頭に入れておきましょう。

http://gigazine.net/news/20100910_what_drowning_looks_like/

まとめ

浮き輪を上手く使って、家族で安全な海水浴を楽しんで下さい。

おすすめ記事

コメントを残す




関連記事

マウンテンジャケットとレインウェアの違いは?代用できる?
キャンピングカーの魅力と選び方 レンタルがお得
はじめてのスノーシュー 選び方は長さと体重が大切
アウトドアシューズで川遊び?選び方とお勧め
九州の梅雨入りはいつ?2015年の予想と旅行計画
富士登山で酸素缶は必要?高山病対策に頭痛薬は?
函館五稜郭祭2015の日程・スケジュールと土方歳三コンテスト
登山のリックサックブランド 選び方とお勧め・注意点
登山の飲み物 おすすめは?量や入れ物はどうする?
スノーボードゴーグル 眼鏡対応のおすすめとチェックポイント
登山の腕時計 安いのでも十分ヒマラヤで使えましたよ!
スカイツリー 子供の誕生日特典は?ランチやケーキは?
富士登山に帽子は必要?麦わら帽子とヘルメット
藤原まつり2015 渋滞予想と駐車場情報、電車がお勧め
藤原まつり2015 義経役が決定!歴代義経役と合わせてチェック

Menu

HOME

TOP