浮き輪 大人用のサイズと恥ずかしくないデザイン

海水浴の季節になってきました。

家族でたのしく海で遊ぶ・・・には浮き輪が便利ですよね。

だいたいの場合、子供は海に入りっぱなし。

まさか目を離して勝手に遊ばせておくわけにもいかないので、常にそばいるようにしなければなりませんが、そんなときほしくなるのが大人用の浮き輪。

大人でも使える大きいサイズの浮き輪が販売さてれいますが、どのくらいのサイズを目安にしたらよいでしょうか?

浮き輪 大人が使うにはどのくらいのサイズ?

大人が使う場合、浮き輪のサイズの目安は直径100センチ以上。

100サイズだと浮き輪の内周が130~135センチ程度になるので、大人でも頭から被って着用出来ます。

きついぐらいのサイズの浮き輪だと、万一転覆した際にうまく抜け出せなかったりするので、かえって危険です。自分の体のサイズに合った浮き輪を選ぶようにしましょう

また、海水浴場でないところで泳ぐなら、浮き輪よりライフジャケットのほうがずっと安全です。

ライフジャケットを選ぶ際は、「浮力」に注意。

これには国が国の基準があり、子供は体重の10%程度が目安になります。

例:40kgの子供には 浮力 4kg

この浮力は、ライフジャケットの内側のケアラベルや洗濯ラベルなどに、記載されていますので、しっかり確認しましょう。記載されていないライフジャケットや救命胴衣は、浮くという保障がありませんので危険です。

浮き輪 大人でも恥ずかしくないデザイン

海外で海水浴をすると、実は浮き輪を使っている大人はオンリー日本人だったり・・・。

ドーナツ型の丸い浮き輪は、海外では子供しか使いません。

まあ、日本でもプールで大人が浮き輪は、やっぱりちょっと恥ずかしいですよね・・・。

とはいえ、子供を見るために、ずっと水中で立っていてもなかなかしんどい。

大人用が使っていてもあまり違和感のない浮き輪は、ライフジャケット型!

知恵の輪を浮き輪にしたようなデザインですが、これなら大人が海で使っていても違和感がないのでお勧めです。

舟のように上に乗ったり、ベッドみたいな感じで水の上に寝そべったりもでき、いろいろな遊び方ができ、大人も子供も楽しめます。

浮き輪での海水浴中の事故に注意

毎夏のように海水浴での事故は起こりますが、子供が浮き輪を使っていながら事故にあった例を。

●浮き輪をつけて岩場から海の飛び込んだら、浮き輪がスッポ抜けて溺れた。
●浮き輪に腰掛ける状態で乗っていたら、バランスを崩しひっくり返った。
●波でひっくり返り、頭と足が逆になってしまった。
●いつのまにか海岸から離れ、潮に流されてしまった。

などが代表例です。

また子供を海で遊ばせる上で非常に注意すべきことは、「本当におぼれている人はおぼれているようには見えない、静かに沈んでいく」ということです。

こちらの動画を見てみて下さい。

ライフガードが助けに行くまで、どの子が溺れているのか分かりませんよね?

家族で海水浴へ行く前に、こちらは必読。実際に溺れている子供がどんな状態になるのか、よく頭に入れておきましょう。

http://gigazine.net/news/20100910_what_drowning_looks_like/

まとめ

浮き輪を上手く使って、家族で安全な海水浴を楽しんで下さい。

おすすめ記事

コメントを残す




Menu

HOME

TOP