加湿器による結露防止・予防法、湿度の適正値は?

空気が乾燥する冬。

加湿器を使わないと、喉が弱い人(私もそうです・・・)は口や喉がカラカラに乾燥して痛くなってしまい、つらい季節です。

しかしこの加湿器、困り事は、使うと窓ガラスが結露してしまうこと。

朝起きると窓にはびっしり水滴。

ketsuro

それがたれてサッシも水をこぼしたようになっている・・・

ketsurosasshi

なんてことも。

この困った加湿器の結露を防止する方法を紹介します。

加湿器の結露防止

冬場の朝の窓ガラス、目を覚ますとびっしり結露・・・していませんか?

雪国で一般的な2重ガラス窓だと、非常に結露しにくいのですが・・・。

1板ガラスの窓だと、加湿器を使えばどうしても防ぐことはできません。

そこでどうするかというと、結露防止シートというものが効果を発揮します。

簡単に言うと、割れやすい荷物を梱包する時のプチプチ、あれを窓ガラスに貼り、2重ガラスのような構造にするわけです。

荷物用のプチプチだと表面も凹凸だらけで、見た目も悪いですが、結露防止シートは表面が平らで、部屋のインテリアに合うように自然な模様がついているものもあります。

この結露防止シートというものはなかなかのスグレモノで、窓ガラスと外気の断熱効果があるので、冬場は暖房・夏場はクーラーの効きがよくなるというオマケもあり。

紫外線もカットするものだと、家具の日焼け防止にも効果的。

結露以外にもいろいろメリットがあるので、スプレータイプの結露防止剤よりもオススメです。

結露しない湿度は?加湿器の設定

結露対策で一番大切な事は、加湿しずぎない事です。

湿度計をみながら適切な範囲で加湿、暖房を止めたら加湿器も止める

これだけでも結露防止にかなり効果があります。

では、加湿器を使う場合の適切な湿度はどのくらいなのでしょうか?

目安は、気温は約20℃、湿度は50~60%ぐらい。

というのも、

●これぐらいの湿度があれば喉は痛くならない
●カビの予防ラインは湿度70%以下
●ダニ対策は湿度60%以下が目安
●インフルエンザは約20℃で50%以上の湿度を維持していればウイルスは激減。

という理由からです。

部屋を適切な湿度に保つために、ぜひ温度計と湿度計(同じ値段なら、アナログのほうが精度がずっと高いです)を部屋に常備しておくことを、オススメします。

まとめ

と書きましたが、結露対策に関しては万能の方法と言うのはありません。

やはりお住まいの地域の気候、お宅の構造やお使いの暖房器具などによって、結露の状況は大きく異るためです。

あるお宅では結露対策に有効でも、別のお宅では効果が薄かった・・・という事もあります。

その辺りも注意して、結露・湿度対策をして下さい。

コメントを残す




Menu

HOME

TOP