九州一花火大会2015 渋滞を避けるには

2015年夏の「第3回九州一花火大会」は、九州中四国一の打ち上げ総数を誇る大興奮の花火イベント。

ハウステンボスで2015年9月26日(土)に開催されます。

しかしこの花火大会、渋滞がヒドイということはご存知でしょうか。

九州一花火大会の渋滞はヒドイ

ハウステンボスは例年、大花火大会、クリスマスイルミネーションなど、大きなイベントがある時は大渋滞が発生します。

というのも、最寄りの高速道路・大塔インターチェンジからハウステンボスは一本道で抜け道がなく、駐車場が満車の場合はそのまま何時間も立ち往生する可能性があるからです。

第1回となった2013年の九州一花火大会では、ハウステンボス側にとっても想定外の大渋滞が発生。高速道路も500m進むのに30分かかったとかで、花火目当ての行楽客はもちろん、旅行会社のツアーバスですらハウステンボスに辿り着く前に花火大会が終わってしまったほどでした。

九州一花火大会の渋滞を避けるなら

上記のように、ハウステンボスへの道が渋滞する最大の理由は、西九州自動車道・大塔インターチェンジから一本道で抜け道がないことです。

従って、少し遠回りにはなりますが、長崎自動車道・東そのぎIC経由で行くと、混雑もだいぶ緩和されます

こちらも一本道ではあるのですが、大塔ICからだと約6.5キロ、東そのぎICからだと約14キロと、倍以上の距離になるせいか利用者はぐっと少ない。

さらに言えば、長崎市から江上バイパス経由で行けば空いていますが、こちらは東九州方面から来る場合は大村湾を回りこんで行くような形になるので、あまり現実的ではありません。長崎市から来る場合限定ですね。

九州一花火大会の日は間違いなく渋滞が予想されるので、午後2時ごろまでにはハウステンボスに着けるよう、計画しましょう

また、駐車場は予約をしていったほうがいいです。WEB限定駐車場割引チケットが販売されるので、ハウステンボスの公式サイトでチェックしてください。

http://www.huistenbosch.co.jp/event/fireworks/kyushu_spring/access/access_mycar.html

駐車場マップ
http://www.huistenbosch.co.jp/event/fireworks/kyushu_spring/access/pdf/map01.pdf

九州一花火大会 車と電車のセットがお勧め

結局のところ自動車で行くと、多かれ少なかれ渋滞や混雑にハマることになるので、佐世保駅周辺の有料駐車場に車を止めてJRで行くほうが、混雑に悩まされずにすみます。

JR佐世保駅へは、西九州自動車道・佐世保みなとICが最寄りです。

大きなイベントがあるときは臨時電車も出るので、こちらがお勧めですね。

ただ、九州一花火大会のときは電車も17時ぐらいだと満員になってしまうので、午後2時ぐらいには入国できるようにプランを立てたいところ。ハウステンボスは見どころもたくさんですので、園内でゆっくり楽しみながら花火を待つといいでしょう。

まとめ

2015年夏の九州一花火大会は、昨年よりもボリュームアップして打ち上げ総数は約21,000発。一尺玉だけでも150発、クライマックスには5分間で4,000発という圧巻の2時間半です。

「第7回 世界花火師競技会 決勝戦」もこの花火大会の一部で、他の大会では見られない玉が上がります。

九州一の花火を、ぜひ楽しんでください。

おすすめ記事

コメントを残す




Menu

HOME

TOP