バイク通勤 雨の日には長靴、リストバンドに反射ベスト

バイクで通勤をされている方も多いと思います。ame

かく言う私も、片道15キロのバイク通勤者。

雨の日も風の日も、バイクを運転しています。

そんな経験から発見した、憂鬱な雨の日のバイク通勤をより快適にする雨対策を紹介します。

バイク通勤 雨の日には長靴!

バイク通勤、雨の日にはやはり長靴の快適さに叶うものはありません。

蒸れはありますが、濡れは皆無。

どんな豪雨に打たれようと浸水はありませんし、水たまりにも平気で足をつくことができます。

長靴の欠点というと、まずスタイル的にダサいことが挙げられますが、私が雨の日の通勤用に使っているのは、ニセ革靴型の長靴。

こちらはレインスーツと合わせて。

そしてこちらが、スボンの裾を外に出したとき。

パッと見、革靴を履いているようで違和感がありません。

運転の途中でコンビニに寄って・・・なんてときも全然OKです。

そして柔らかいので、クルクルっと丸めると、こんな具合にかなりコンパクトに。

私は中型スクータなので、丸めてメットインスペースに、レインウェアといっしょに放り込んであります。

シフトペダルがあるバイクなら、つま先に鉄板の入った安全長靴がいいでしょう。コンパクト性は犠牲になりますが。

バイク用のレインブーツは非常に高価ですが、このフェイク長靴なら2,500円。

コストパフォーマンスもバツグンです。

バイク通勤 雨の日にはリストバンドも

雨とリストバンド?

とお思いの方もいるかもしれませんが、これが雨の日の必携グッズ。

雨のなかをバイクで走れば、手首の袖口からの雨の侵入を防ぐことはできません。

気が付くと、レインウェアの肘のあたりは水たまりになっていたり・・・。

そんな不快な袖口からの雨の侵入を相当に軽減してくれるのが、このリストバンド。

ネオプレーンゴム製で、手首にややきつめに巻き、ベルクロで止めて使います。

袖口から走行風の侵入もなくなるので、冬場の防寒用にも使い勝手が良いです。

バイク通勤 雨の日は反射ベストを

雨の日のバイク通勤、帰りは暗くなっていますよね?

雨+夜間という組み合わせは、バイクの安全が最も脅かされるシチュエーション。

ですから反射ベストは、ぜひ携帯しておくべきもの。

工事現場のおじさん風でスタイリッシュさに欠けますが、我が身の安全にはかえられません。

1,000円もしないものなので、金銭的にも負担になりませんし。

こちらはアウトドアメーカ・モンベル社のリフレックジャケットと組み合わせての写真。

hansha

もう少しおしゃれに行きたいなら、バイクメーカが作っている反射ジャケットがおすすめです。

まとめ

梅雨時には不快な雨の日通勤ですが、工夫一つでかなり快適さが増します。

参考にしてみてください。

おすすめ記事

コメントを残す




Menu

HOME

TOP