キャンピングカーの魅力と選び方 レンタルがお得

「キャンピングカー」とは、車中で寝泊りでき、生活ができる設備を搭載した車のことを指します。

バーベキュー道具や寝具など、かさばるアウトドア用品もラクラク持ち運べることから、野外生活を手軽に楽しむには最適です。

夏はアウトドアの季節。キャンピングカーの魅力と選び方、そしてお得なレンタルについて調べてみました

キャンピングカーの魅力

アウトドアは不便さが伴いますが、それを解消してくれるのがキャンピングカーです。

「キャンピングカー」の車内には通常、寝室、トイレ、シャワー、キッチン、冷蔵庫などの設備を搭載。テレビ、ビデオ、DVDプレーヤーも昔は豪華設備でしたが、最近では薄型テレビや5.1chの音響システム搭載も人気があります。

『アウトドアは好きだけど、テント泊まりはちょっとキツイ』

『野外クッキングは大好きだけど、重い荷物を運ぶのはシンドい』

そんな要望に答えてくれるのが、キャンピングカーの魅力です。

キャンピングカーの選び方のポイント

キャンピングカーの選び方のポイントは、「自走式」のエンジンのついたものと、ヘッドカーで牽引する「トレーラー」のタイプにするかを決めることから始まります。

自走式キャンピングカーの1番のメリットは、水、電気、ガス等のライフラインが十分に蓄えられる事です。室内の広さも魅力の一つ。欧米では「モーター・ハウス」と呼ばれているほど、ほとんど住居と変わらない快適さがあります。また、運転移動中にも「部屋」として利用できるで、例えば道路の渋滞時でも車内のトイレも使用できます。

一方、トレーラーは経済性が最大の魅力。車両価格、維持費、税金etc、自走式キャンピングカーよりコスト的にはかなり安く上がります。また、キャンプ場にトレーラーを切り離し置いたら、ヘッドの車に乗って好きな所へ行けます。自走式ではキャンプ場でサイドオーニングを出して、椅子やテーブルをセットしてしまうと、車で出かけることは大変です。

トレーラーと自走式、メリット・デメリットは表裏一体です。キャンピングカーでどこへ行き、何をしに利用するか、そのために必要なものは何かを考え、目的にあった選択をしましょう。

キャンピングカーをレンタルで楽しむ

キャンピングカーは決して安い買い物ではないので、ほしいとは思ってもそうそう買えるものではありません。駐車場の問題、維持管理の問題・・・問題はいろいろです。

しかし今では、キャンピングカーを「レンタル」して合理的に楽しむ方法もあります。

レンタルなら必要なときだけ利用でき、車両の購入費や保険料、維持費、駐車場代もいりません。車のレンタル料やガソリン代を差し引きしても、レンタルの方が断然、経済的であるかは言うまでもありません。

キャンピングカーは特に大型のものでない限り普通免許で運転できるので、運転操作自体は普通のワンボックスカーと変わりはなく、特別な操作などもありません。

車種(軽~大型)やグレード(必要最低限~デラックス)などでレンタル価格は変わってきますが、平均すると1泊2日で安ければ1万5千円ぐらいから、高くても3万円台くらいで借りられます。

目的や人数に合わせ車種を自由に選べ、利用できることから、「キャンピングカーをこれから購入したい」という方にもおすすめです。

まずはレンタルでいろいろな種類のキャンピングカーを楽しみ、これはと思うものがあったら購入を検討する・・・という方法が一番合理的です。

まとめ

アウトドアを身近な者にしてくれるキャンピングカー。まずはレンタルで、ぜひ一度その楽しさを味わってみてください。

おすすめ記事

コメントを残す




関連記事

浮き輪 大人用のサイズと恥ずかしくないデザイン
お盆休みの水遊び 迷信は根拠あり、事故への配慮と約束事
富士登山に帽子は必要?麦わら帽子とヘルメット
登山に高性能レインウェアやパンツの必要性は?
アウトドアシューズで川遊び?選び方とお勧め
さくらんぼ狩りで山梨へ 予約は不要?飛び込みOK? ツアーにしようか・・・
藤原まつり2015 渋滞予想と駐車場情報、電車がお勧め
北陸の梅雨入りはいつ?2015年黒部旅行計画
登山の腕時計 安いのでも十分ヒマラヤで使えましたよ!
スカイツリー 子供の誕生日特典は?ランチやケーキは?
アウトドアクッカーの選び方 登山やツーリングは素材と形状
はじめてのスノーシュー 選び方は長さと体重が大切
スノーボードプロテクター 尾てい骨を守る効果は?転び方も大切
お盆休み中の花火大会2015 関東編
雪山のサングラス 眼鏡に合うのはクリップオン?

Menu

HOME

TOP