アウトドア用レインウエアのおすすめ キャンプ向け

MANASLU3私はヒマラヤ登山の経験もあるぐらい本格的に山を登っているので(右はヒマラヤ遠征の時の写真)、アウトドア用品に関してはよく友人・知り合いから相談を受けます。最近多いのは、ファミリーキャンプをする人から、梅雨時のレインウエアはどんなものがいいかという相談。

みんなリサーチはかなりしているようで、「ゴアテックスを使ったレインウエアがいいんだよね?」とか「●●●●っていうメーカーが一番いいって聞いたけど?」、「ホームセンターで売っている合羽じゃダメなんだよね」とよく聞かれます。

私の答えはいつも決まっています。

アウトドアのレインウエアおすすめ品 キャンプ編

”レインウエアならゴアテックス”という方は多いですが・・・。

ゴアはヒマラヤ登山でも使用されるくらい機能も超一流ですが、平均2万円~と「価格も超一流」になり、キャンプ程度のアウトドアであれば正直もったいないです。

本格的な登山だとレインウェアは時に生死を左右するくらい重要なアイテムなのでそれなりの物を勧めますが、オートキャンプ場でファミリーキャンプであれば、雨の中でテントを設営&撤収、あとはちょっとその辺を歩くのに快適であればいいのすから、それほど高い機能は必要ありません。

チェックポイントは

1.軽さと動きやすさ ・・・ ホームセンターで売っているゴム引きの合羽は重くて動きにくく、アウトドアには至って不向き。
2.汗やムレを感じない(透湿性) ・・・ 100均やホームセンターで売っているような安物のレインウエアはとにかく蒸れるので、逆に汗で濡れます。
3.気軽に買える価格 ・・・ 家族全員分を揃えるのですから。

ということで私のお勧めは、「ゴアテックスではない防水透湿素材を使ったレインウエア」。モンベルのドライテック、東レのグループ会社・東レコーテックスのブリザテック、コロンビアのオムニテックといった素材を使ったレインウエアがおすすめです。どれもゴアテックスのような知名度はありませんが、必要十分な機能を備えているうえに1万円以下の予算で買えます。

アウトドアのレインウエアおすすめ品 安い!コスパ最高!

「デザインにこだわりはない、雨が快適にしのげればそれでいい」というコスパ最重視の方におすすめはこちら。
「プロノ」オリジナルレインウェア上下組(クールレイン)レインウェア 上下 レインスーツ レインコート

私も雨の日のバイク通勤用に使っていますが、背中や膝の裏側など各所にベンチレーションをつけてあるので、素材そのものの透湿性とあいまって蒸れずに快適です。本格的な登山ではベンチレーションが強度を損ねてしまうのでNGですが、キャンプぐらいのアウトドアであれば防水性も十分です。

また、「『いかにも合羽』はちょっと・・・。雨の日の街着にも使えるぐらいのデザイン性はほしい」という場合なら、お勧めはモンベル製品。同社は日本で最も有名なアウトドアメーカで、ゴアテックス製の雨具も販売していますが、独自素材のドライテックを使った製品は非常にコストパフォーマンスがいいです。本格的なアウトドアをする人は良くも悪くも皆ゴア製品を選ぶので、その分独自素材は高性能でありながら安い価格設定になっています。
サンダーパス ジャケット メンズ /モンベル |mont-bell montbell レインウェア 登山 トレッキング ドライテック

アウトドアのレインウエア アウトレットが狙い目

また、アウトドアのレインウエアを安く入手するには、アウトレットがお勧めです。

アウトレットとは、正規の直営店で販売するには適さない古いモデルや、過剰在庫、新商品開発のための試作品やサンプル品、製造過程で若干のキズがついてしまった商品などのB級商品をいいます。いわゆる「訳あり商品」ですね。

基本性能は正規の商品となんら変わりのないモノを格安で買えるのですから一石二鳥。ゴアテックスやそれに類する防水透湿素材の本格登山対応商品+街着でも使えるぐらいデザイン性のよいレインウエアが、1万円を切るような価格で買える目玉商品があります。

アウトドアのアウトレット品を売っているお店は、こちらなど参考に。
https://docs.google.com/spreadsheets/d/15Vrqux3dWb4NakdOoapFlDDl-RXABWm4uP9K0hA4qa4/pubhtml?gid=0&single=true

まとめ

アウトドアのレインウエアは、キャンプレベルであれば「ゴアテックス以外の防水透湿素材を使ったもの」がコスパ的に最適。もちろん予算に限りがなければモノとして最高なのですが、基本的にゴアテックス製品はもったいないです。

ただ、楽天市場などを覗くと「透湿」を謳っていながら2~3千円台のえらく安いレインウエアも売っていますが、あまり安すぎるものはすぐに防水性が落ちたり、縫い目の目止めがされておらず水が染みこんできたりしますので注意したほうがいいです。

良いレインウエアがあれば、憂鬱なアウトドアでの雨も「かかってこい!」という感じで(笑)余裕ができますので、ぜひ参考にして下さい。

おすすめ記事

コメントを残す




関連記事

平塚七夕祭りの花火2015
アウトドアならダッチオーブン 選び方とレシピ
北陸新幹線で温泉旅行 黒薙温泉の魅力
函館五稜郭祭2015の日程・スケジュールと土方歳三コンテスト
スノーボードゴーグル 眼鏡対応のおすすめとチェックポイント
富士登山に帽子は必要?麦わら帽子とヘルメット
スカイツリー 子供の誕生日特典は?ランチやケーキは?
アウトドアクッカーの選び方 登山やツーリングは素材と形状
さくらんぼ狩りで山梨へ 車椅子可のバリアフリー農園
ぶどう狩りで山梨へ 予約は不要?飛び込みOK? ツアーのほうがいい?
藤原まつり2015 義経役が決定!歴代義経役と合わせてチェック
浮き輪 大人用のサイズと恥ずかしくないデザイン
登山に高性能レインウェアやパンツの必要性は?
さくらんぼ狩りで山梨へ 送迎有りの駅近農園
スノーボードプロテクター 尾てい骨を守る効果は?転び方も大切

Menu

HOME

TOP