アウトドアシューズで川遊び?選び方とお勧め

川や磯辺へ遊びに行くとき。

サンダルやビーサンだと滑りやすいし、水の浮力で脱げてしまったり、流れで流されたりも。

岩場など怪我をしやすい場所を歩けて、水の中もOK!そんなアウトドアシューズは・・・。

あるのです。

アウトドアシューズで川遊び?

川や海など、水にぬれることが前提のアウトドアシューズは、マリンシューズウォーターシューズとも呼ばれる靴です。

底は滑りにくいゴム製、アッパー部分は水切れの良いメッシュなどの布地。

サンダルやビーチサンダルより足をホールドするので、岩場でも機敏に動けるし、足を切ったりの心配もなし。そのまま歩けて泳げるし、乾きやすいから履き替えずに車の運転も可能という、まさに水遊びのためのアウトドアシューズです。

安い物だと千円程度から、有名スポーツブランドでも五~六千円前後で買えるので、海や川へ遊びに行く時にはぜひ一足持っておきたいシューズです。

川遊び用アウトドアシューズの選び方とお勧め

ウォーターシューズはアウトドア用品店などで買えますが、選び方は使う目的によって変わります。

まず、流れの少ない川辺のキャンプなど、危険のない水場を歩く程度であれば、機能にこだわる必要はあまりありません。千円ぐらいの安い物、もっと言えばビーチサンダルあたりでもさして不足はありません。その後に車を運転して帰るのであれば、コスパの良いシューズを選べばOKです。

次に、渓流や磯辺など、少し滑りやすく怪我の心配もあるような場所で使う場合。これはウォーターシューズが一番効果を発揮する場面です。

選び方としては、靴底の厚さがそこそこあってホールド感が良いもの(怪我防止のため)。アディダスやサロモンといった有名スポーツブランドの、5~6千円クラスぐらいのものがお勧めです。

最後に、さらにハードに川底に石がゴロゴロしている渓流で遊ぶような場合。これだと靴底がフェルト地や、専用ゴム底のものが必要。登山用品店で「沢登り用のシューズ」と指定して買いましょう。mont-bellなどのアウトドアメーカー製がお勧めです。

まとめ

アウドドアの川遊びで重宝するウォーターシューズ。夏の暑い日盛りで、楽しい一日を過ごしてください。

おすすめ記事

コメントを残す




関連記事

平塚七夕祭りの花火2015
お盆休みの水遊び 迷信は根拠あり、事故への配慮と約束事
さくらんぼ狩りで山梨へ 車椅子可のバリアフリー農園
富士登山に帽子は必要?麦わら帽子とヘルメット
ぶどう狩りで山梨へ 予約は不要?飛び込みOK? ツアーのほうがいい?
アウトドアクッカーの選び方 登山やツーリングは素材と形状
隅田川花火大会の交通規制と迂回路 高速道路と下道
ローカル線の旅の魅力とランキング
スノーボードゴーグル 眼鏡対応のおすすめとチェックポイント
さくらんぼ狩りで山梨へ 予約は不要?飛び込みOK? ツアーにしようか・・・
隅田川花火大会2015 雨天中止の連絡は?
登山の飲み物 おすすめは?量や入れ物はどうする?
旅行にはボストンバッグ?スーツケース?便利なのはどちら?
アウトドア用レインウエアのおすすめ キャンプ向け
横浜開港祭2015 花火に浴衣は季節外れ?注意点と失敗談

Menu

HOME

TOP