アウトドアクッカーの選び方 登山やツーリングは素材と形状

キャンプはアウトドアの醍醐味。

そしてキャンプとくれば、必要になるのが調理のためのアウトドアクッカーです。

数あるクッカーの中から、選び方についてポイントをお伝えします。

ちなみに、荷物の軽量化をしたい、バイクや自転車のツーリングキャンプ、荷物を担いでの登山を対象に考えています。

オートキャンプの場合は荷物の重さを気にしなくてもいいので、ダッチオーブンや家庭で使っている調理器具のほうがずっと使いやすく、美味しい料理ができます。

アウトドアクッカーは軽量化のために犠牲にしているものが多々ありますから、最初からそういう心づもりで。

アウトドアクッカーの選び方はここを見よ

荷物を担いでの登山や、バイク・自転車のツーリングキャンプの場合、クッカー選びの大きなポイントは

●素材
●形状
●大きさ

です。

素材や形状については下で詳しく述べますが、大きさは若干大きめを買ったほうが何かと使いやすいです(重さがあまり気にならなければ、ですが)。

エクストリームな登山では超軽量のソロクッカーが必要ですが、ハードな登山やツーリングでないなら、大きめのもののほうが使い勝手がずっと良くなります。

アウトドアクッカーの素材ならコレ

アウトドアクッカーの素材は、チタン、アルミ、ステンレスがあります。

どれも一長一短があります。

●チタン:強度があるので薄くて軽い。熱伝導率が悪いので、調理しにくい。口につけた時、ちょっと嫌な感じがする。

●ステンレス:丈夫でサビに強いけど重い。

●アルミ:チタンほどではないが軽い。強度はあまりないので変形しやすいが(破損はしにくい)、熱伝導率がよく調理には向いている。

私が愛用しているのはアルミ製です。

あとは、焦げ付きにくいテフロン加工がお勧め。Googleなどで検索すると、アウトドアクッカーにテフロン加工をしてくれる業者さんが見つけられます。

調理のあとも軽く拭き取るだけでキレイになるので、ちょっと値段ははりますが、加工する価値はありますよ。

アウトドアクッカーの形状は角型が絶対便利!

アウトドアクッカーの形状は普通の鍋と同じく丸型が一般的ですが、お勧めは角型です!

理由は、沸かしたお湯をカップなどに注ぐ時、角があるのでこぼれずに注げるためです。丸型クッカーだと、どうあがいても周りにお湯がこぼれます。

朝起きてコーヒーを飲もうという時、ソロであれば1つのクッカーでお湯を沸かして、そのままインスタントコーヒーをぶち込んで・・・でいいですが、複数人数であればお湯を分けるわけで、絶対的に角型が便利です。

また、インスタントラーメンやレトルトご飯を作る際にも、角型はジャストフィット。

丸型を選ぶ人はガスカートリッジがクッカーの中に収納ができる点を長所とみますが、荷物が軽くなるわけでもなし、私はそれが大したアドバンテージとは思えません。

コンパクトさを優先するか、調理しやすさをとるかですが、エクストリームな登山ならいざしらず、普通の登山やツーリングでは調理師やすさを取るのが合理的でしょう。

これからアウトドアクッカーを買おうという人には、角型をお勧めしておきます。

まとめ

ということで、アルミ製+角型+テフロン加工(フライパンのみですが)という条件を併せ持ったお勧めのアウトドアクッカーは、『ユニフレーム(UNIFLAME) 山クッカー角型』。

Amazonなどでも買えますから、探してみてください。便利ですよ。

おすすめ記事

コメントを残す




Menu

HOME

TOP