はじめてのスノーシュー 選び方は長さと体重が大切

スノーシューを使った、スノーハイキング。

白一色の雪原に自分のトレイルをつけながら歩くのは、まさに非日常の世界。

スキーやスノーボードとはまた違い、スノーシューイングは「雪山の自然そのものを楽しむ遊び」です。

ガスバーナーでコーヒーを沸かし、白銀の世界を眺めながらランチタイム・・・などというのも、スノーシューイングならではの楽しさ。

でも、これからスノーシューを選ぶ人にとって、最初の???はサイズの選択。

「初級者の最初の一足」となるスノーシューはどのサイズがいいか、参考にしてください。

sunowshu

スノーシューの選び方 長さは何インチ?

スノーシュは主に22インチと25インチのサイズに別れますが、

結論から言います。

迷える初心者の最初の一足は、22インチの長さを選ぶといいでしょう

なぜ22インチ?

25インチの場合のメリットは、サイズが大きい分浮力も高い(=ふかふかの新雪でも沈み込みが少ない)ことにあります。

逆にデメリットは、大きく重くなるので軽快に歩けないことです。

ですから大きな25インチサイズのスノーシューは、

「パウダー期の使用や、積雪が多い地域でのスノーシューイングがメイン」

であり、

「単独ラッセルの機会が多い」(他の人が踏み固めていない雪上を歩く)

場合に向いています。

しかし「最初の一足」を選ぶ初心者の方は、豪雪地帯には行かないでしょうし、ツアー参加がメインで、一人で新雪をかき分けるような場面も限られることでしょう。

また、スノーシューは「テイル」と呼ばれる補助器具で、22インチ→25インチと長さを伸ばすこともできます。

であれば、持ち運びや足さばきが楽な22インチのほうが汎用性も高く、最初の一足には最適なワケです。

スノーシュー選び あなたの体重は何キロ?

スノーシュー選びのサイズ選択ですが、使用するフィールドとともに、自分の体重と荷物の重さも基準の一つになります。

メーカーサイトを見れば、サイズ表と適応荷重が記載されているので、参考にするとよいでしょう。

適応荷重とは、自分の体重+荷物の重さの合計。

例えば自分の体重が65kgで、荷物の重さが10kgであれば、適応荷重は75kgということになります。

上記のスノーシューメーカーのMSRのサイトで見てみると、22インチ(+テイル)で対応できない場面は、「適応荷重102kg+で深さ76センチ以上の柔らかい雪」。

「大柄な男性が雪上キャンプ道具一式を背負って豪雪の山を歩く」、というような場合ですね。

初級者であればそんな使い方はしないでしょうし、小柄な女性であればなおのこと、小さな22インチさいずが向いていると言えるでしょう。

まとめ

雪遊びの新しいスタイルである、スノーシューイング。

「初めてのマイ・スノーシュー」は22インチサイズが適していることは、おわかり頂けたと思います。

あとは好みのデザインやメーカー、ビンディングの方式などを、「実際にショップでプロの店員さんに相談して」選んでください。

おすすめ記事

コメントを残す




関連記事

長岡まつり花火大会2015 駐車場と交通規制・渋滞情報
ローカル線の旅の魅力とランキング
藤原まつり2015 義経役が決定!歴代義経役と合わせてチェック
富士登山で酸素缶は必要?高山病対策に頭痛薬は?
アウトドア用レインウエアのおすすめ キャンプ向け
スカイツリー 子供の誕生日特典は?ランチやケーキは?
九州の梅雨入りはいつ?2015年の予想と旅行計画
こどもの日、遊ぶ場所は混雑しない所へ 穴場は首都圏
夏休み家族旅行はアウトドアキャンプでカブトムシ採集
マウンテンジャケットとレインウェアの違いは?代用できる?
お盆休みの水遊び 迷信は根拠あり、事故への配慮と約束事
さくらんぼ狩りで山梨へ 車椅子可のバリアフリー農園
旅行にはボストンバッグ?スーツケース?便利なのはどちら?
登山にストックは必要?1本でいい?選び方のポイントは?
隅田川花火大会の交通規制と迂回路 高速道路と下道

Menu

HOME

TOP